2010年06月11日

日露海戦の詳細記述…秋山真之の書簡を寄託(読売新聞)

 小説「坂の上の雲」の主人公で、日露戦争で海軍の軍人として活躍した松山出身の秋山真之が同郷の後輩にあてた書簡が、所有者から「坂の上の雲ミュージアム」(松山市一番町)に寄託された。

 同戦争黄海海戦について詳細に説明しており、同ミュージアムは企画展での展示を検討している。

 書簡は、縦約18センチ、横約59センチの和紙に毛筆で記載。秋山が参加した黄海海戦について「午後七時十分(C)の位地より七時四十二分即ち(E)の位地迄(まで)敵艦隊支離滅裂の状況にて」などと、戦艦の位置や進路について細かく伝えている。

 送り先は軍人の傍ら戦記などを執筆した水野広徳で、同ミュージアムなどによると、水野が1914年に出版した「戦影」執筆のため、黄海海戦について問い合わせ、秋山が返答したとみられるという。

 寄託したのは、松山市辻町、丸岡昭三さん(81)。65年頃に古美術商から入手し保管していたが、秋山好古・真之兄弟に注目が集まる中、寄託を決めた。丸岡さんは「たくさんの人に見てもらいたい」と話している。

インフル定点が3週ぶりに減少(医療介護CBニュース)
「財布忘れた」、100回通過か=首都高料金詐欺容疑の男逮捕―警視庁(時事通信)
<普天間移設>「沖縄の理解なくても選定」岡田外相(毎日新聞)
<窃盗>阪神・中村コーチのユニホーム盗難 兵庫のホテル(毎日新聞)
<菅首相>「報復人事ない」言葉選び会見(毎日新聞)
posted by コヤナギ ヒサシ at 20:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと女の言いなりになるだけで
3万とか5万とか貰えるだから、最強だろれww
Posted by なかあき at 2010年11月12日 11:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。