2010年05月11日

女子高生、米で心臓移植「頑張ってきます」(読売新聞)

 重い心臓病「拡張型心筋症」の仙台市青葉区、高校1年生寺町沙也さん(15)が4日、米国で心臓移植手術を受けるため成田空港からニューヨークへ出発した。

 沙也さんは2007年11月に倒れ、東北大病院に入院。昨年12月に余命半年と宣告された。支援団体が移植のための募金を呼びかけ、約1億9600万円が集まった。

 同級生が寄せ書きしたTシャツを着た沙也さんは空港で、支援者に「頑張ってきます」と笑顔で話した。父貴史さん(43)、母直美さん(41)と医師らが付き添い、コロンビア大病院で臓器提供者を待つ。

ニフコ、79歳の小笠原元社長が会長に現役復帰(レスポンス)
全国学力テスト 抽出方式「反対」9割(産経新聞)
東京23区などで震度3(読売新聞)
たちあがれ日本、中川義雄氏らの公認を発表(産経新聞)
小学館文庫小説賞に永井さん(産経新聞)
posted by コヤナギ ヒサシ at 10:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。