2010年02月17日

資格ないのに交通事故示談交渉 弁護士法違反容疑で行政書士逮捕(産経新聞)

 弁護士の資格がないのに交通事故の示談交渉などの法律事務を行ったとして、埼玉県警は10日、弁護士法違反の疑いで、熊谷市の行政書士の男(46)を逮捕した。

 捜査関係者によると、男は平成19〜20年ごろ、交通事故の被害者である埼玉と群馬の両県の各男性に対し、弁護士の資格がないにもかかわらず、交通事故の示談金の交渉などの法律事務を行い、示談金の約2割にあたる約300万円を受け取った疑いが持たれている。

【関連記事】
無資格で過払い金訴訟を提起し報酬 容疑の行政書士を逮捕 警視庁 
探偵会社役員を逮捕 無資格で弁護士活動
「弁護士バー」計画に弁護士会が注意文書
「弁護士バー」身内が待った 「民間との仲介業は法に抵触」
NPO法人が非弁活動疑い 青森県弁護士会が警告書

都立高一般入試 平均倍率は1.53倍 2日目(産経新聞)
<調査捕鯨>抗議船2隻で妨害 緑色の光線照射も(毎日新聞)
陸自連隊長を注意処分=「首相批判の誤解招いた」−防衛省(時事通信)
9人の救出不可能 たまゆら火災、実験で確認(産経新聞)
「裁判所も謝罪を」菅家さん冤罪の説明求める(読売新聞)
posted by コヤナギ ヒサシ at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。